中学受験における勉強の配分とは?

中学受験において、どうすれば偏差値を上げることができるのでしょうか。
そのために重要となってくるのが家庭での学習です。
家庭学習を効率的に行うことによって成績を上げることができます。
では、家庭学習の際にはどのように効率よく勉強することができるのでしょうか。

効率よく勉強するために必要なのは時間の配分です。
勉強時間の配分を上手に行うことが大切です。
理想的な配分は復習が7割、予習が3割ほどです。
つまり、復習を中心とした勉強を行うことがカギとなります。

なぜ復習が重要なのでしょうか。
それは勉強というのは分からないところを理解して、分かるようになるという作業の繰り返しだからです。
そのためには同じテキストを何度も復習し、分からない部分を一つ一つ潰していくという地道な作業が必要になってきます。

では、どのように復習すると良いのでしょうか。
一つの方法は同じテキストを3,4回繰り返し行うことです。
その際に、間違った問題にチェックし、次に行うときには間違った問題だけを解きます。
また間違ったならチェックします。
これを繰り返すことによって間違った問題がどんどんなくなっていくはずです。
こうすることで、中学受験本番に向けて、分からない部分がなくなっていくはずです。